最前線ニュース

2020.10.06 その他

スタジオ収録しました

合格ロケットの「音声教材」は、平成17年「旧・合格物語」のスタート当初から継続しているコンテンツです。毎年、金木犀が香るこの季節、小田急沿線のスタジオで、信頼するディレクターとナレーターにご協力を頂き、更新分を収録しています。
読み上げる内容はいずれも専門性が高く、建築業界の人でも理解して正確に読み上げる事は至難の業。多くは「一発録り」ですが、中には「録り直し」や「部分録り」となるケースもあります。

今回の収録で「最難関」は、次の読み上げでした。一度、声に出して読んでみてください。


耐震計算「ルート1-2」の計算で,厚さ6mm以上の冷間成形角形鋼管を用いた柱を設計する場合には,地震時応力の割増し係数を,建築構造用冷間プレス成形角形鋼管BCPより,建築構造用冷間ロール成形角形鋼管BCRのほうを大きくする.


いかがでしょうか。
これは流石に一発でOKにならず、粘り強くトライして頂きました(音声は11月リリースでご確認ください)。

勿論、受験生は「噛まずに読む」という必要はありません。
一言一句、聴き取って暗記するのではなく、読み上げが始まったら「そのイメージを瞬時に引き出す事」を意識してみてください。
視覚 ・ 聴覚 ・ イメージそれらの連携を構築し、太くしていく事が、音声教材の開発意図です。

音声教材の活用法は、こちら
※リリースは11月中旬を予定しています。今しばらくお待ちください。

近年の収録は、全て「北村さん(通称:マダム)」にナレーターを依頼しています。
今回、受験生の皆様に向けてメッセージを頂戴しましたので掲載します。


一級建築士試験は、国家資格の中でも高難度の試験とのこと。
皆さまの夢が花開きます様、私も微力ながらお手伝いさせて頂いております。頑張って下さい!
北村

Relation関連ニュース

Archivesニュース・アーカイブ

過去のニュース

  • 2020