最前線ニュース

2020.12.03 勉強法・活用法

11月イベントの報告

11月29日(日)に、LIVE講義「環境3,4+座談会」を開催しました。

通常のLIVE講義は、日曜朝や平日夜に、90分~120分を1コマで開催しますが、イベントは10:00~16:00に「2コマ+座談会」の開催となります(参加者専用ページに収録した動画を公開しております)。
次回のイベントは、12/20開催です。【こちら】


座談会では、毎回ゲストをお招きし、一級建築士試験に関する様々な話題を参加頂いた皆様と共有します。刺激を受ける事、間違いなしです。
「11月・12月・1月」は、令和2年度 学科試験に合格された受験生にお越し頂き、主に、学習スタートから合格するまでの準備・実践について、インタビュー形式で進行します。

■ 第1回のゲストは「ぎしさん」をお招きしました。
談話の中から「学習のマネジメント・モチベーションの維持」に関する話題を一部紹介いたします(Youtube動画 約2分30秒)

多くの受験生が「少ない努力で合格したい」と願っています。確かに「効率」は重要。しかし「楽して合格する方法」など存在しません。
どの道を選んでもキツイし、トライ&エラーは欠かせません。逆に言うと「正攻法は1つじゃない」。計画を立て、それを進めていく上で修正していく。そのうちに「自分に適した勉強法・リズム」が見つかります。アンテナをしっかり張って情報を取捨選択してください。そして何よりも本気でスタートする事です。

開催後のアンケートの一部を紹介します。ご参加の感想を共有し、今後の学習・講義のご参加に繋げて頂ければ幸いです。


■ 現在の平日の学習時間(平均・目安)を教えてください
1.1時間未満(0の日が多数)【21%】
2.1時間程度 【35%】
3.2時間程度 【35%】
4.それ以上   【9%】


■ 講義と座談会の感想を聞かせてください

・可照時間の太陽の位置を自分が建物になって前、横、背中側とイメージする事がわかりやすかった。似ている問題でも設計の話、現象の話、建っている建物の話なのかを理解しなければいけない事に気付けました。合格された方々のブログやYoutubeを見て「そこまで理解しないと合格は難しいんだろう、やっぱり私には2021年7月までには時間が足りない…無理かも…2022年度まで受験を見送ろうか」と何度も思い、なかなかスイッチが入りませんでしたが、ぎしさんが1/3程度の理解で合格されたと聞き、驚いたと共にスイッチが入りました。 又、今まで「勉強のプランを立ててノートに書き出したりする時間があるならば一問でも多く問題を解く方がいいのでは?」と思い込んでいましたが合格者のほとんどが勉強の計画を立て記録し見える化していた事に納得し、5月の模試まではインプット、それ以降はアウトプットで勉強を進めて行こうと思いました 早い段階でぎしさんのお話を聞けて良かったです 私なりの勉強の進め方を模索しながら2021年の合格を目指したいと思います ありがとうございました。

講義を聞いた後での勉強は理解への楽しさがあります。合格者の体験や、勉強の仕方が聞けてモチベーションが上がります

・講義の前にその範囲の問題を一度解くことで、初受験で分からないことが多い中、理解を深めることができました。まだまだ進捗は進んでいませんが、上位の方の進捗に追いつけるよう頑張っていこうと思います。実際の合格者のお話を聞けて大変貴重な機会となりました。

講師の方々の思いの感じられる講習会でした。講師の方々が受験された際に、何だこれと思って立ち止まってしまった箇所や、今までの受講者の方々が戸惑っている様な箇所を重点的にお話頂けたら幸いです。

・実務の話を交えながらの講義は分かりやすかったです。自分の周りに合格者が居ないので、合格者から直接話を聞けるのは有難いです。

・小単元ごとに講義があるので、復習もついていくことができます。合格者の話は、ブログを拝見するより、よく理解できました

・いつも熱い講義を有難うございます。中々講義に参加する事が厳しくなっていたところZOOMでの講義及びビデオ配信は本当に助かってます。出来る限り有効に活用したいと思います。具体的なスケジュール管理と実際の進み具合の記録などゴールを見据えての計画の立て方見直しなどの重要性をあらためて痛感しました。組み直します。又、日々過ぎてしまう事でつい忘れがちになってしまう受かる為の勉強の仕方も肝に銘じます。

キーワードひとつ暗記すると芋づる式に連想できることが分かったことが収穫でした。個別に暗記しようとしてまったくおぼえられなかったなので。合格者の話は、とても参考になりましたが、とても自己コントロールされている方だったのであまりに自分と違う為ちょっと気後れしてしまいました、というのが感想です。逆に自分はどうゴールまでのプロセスを組み立てるべきかを考える機会にもなりました

・講義は聴きやすく、オンラインはありがたいと思います。まだ始めたばかりですが、スケジュール管理が重要とわかりました。自分なりにやってみたいと思います。

・今の段階では問題をやり込むより、手を動かしてイメージを描きだすことの必要性を実感しました。急がば回れな感覚です。

・日々の独学のほか、定期的な講習会での学習は、有効だと実感しています。今年の合格者の生の声を聴けて、参考になりました。ソフトの付箋機能の活用については、自分も実際に同じように活用しているので、有効な手段だと再認識しました。

・わかりやすい講義だったと思います。復習としてインプットのコツを読むと理解が深まりました。ぎしさんの座談会も紙面上だけでなく、実際に聞いてみて良かったと思います。

・講義を受けているとどうしても問題にのめりこみがちなので、解き方、考え方に集中する練習をしています。合格ロケット1巡目もこれで。ぎしさんのスケジュール管理すばらしかったです。見習って頑張りたいです。

・講義の最後に質問タイムを設定していただいているのでついていけずにあやふやな個所を放置せずにすむので助かります。気づきは自分が考えている以上にインプット下手だということに気が付きました

・日照時間・日射量の基本の話から聞けて良かった。今までは時間が経つと解けなくなるの繰り返しでしたが、基本の考え方を定着させて常々失点しないようにしたいと思います。 記録・スケジュール管理が重要なことが実感できました。早速スタディプランナー注文しました。

・講義は、全体でどこの部分についての問題なのか、再認識しました。座談会は大変よかったです。合格者本人の出演があり印象に残りました。ありがとうございました。早速付箋を真似て利用しています。

・大変、参考になりました。まずはスケジュールから始めなくてはいけないと引き締め直しました。ぎしさんの勉強法にあったように1時間など細かく時間を区切るという視点が自分にはありませんでした。今、少しずつ実践していく中でも集中力の点でも必要なことがわかりました。

・伝熱のところは、これまで単位と組み合わせがずっと覚えられませんでしたが、今回の講義を受けて流れが理解しやすかったです。図の表現って色々やり方があるんだと気づかされました。ありがとうございます。

・オンライン化になって、動画で復習が何度でもできるので、今回の単元は、繰り返し復習していきたいと思っています。Live講義中はすごくわかりやすく、太陽の動きがジャスチャーで示していただけるので、イメージとしてインプットしやすいです。数日後、復習していても、しっかりと映像でアウトプットできました。ゲストのぎしさんは昨年から存じており、座談会の話がとてもリアルに入ってきました。すごく自分自身を可視化して、分析されていたんだな…。当時の自分と照らし合わせて聞くとこができて、今後の参考になりました。


この他にも沢山の回答を頂きました。皆様、ありがとうございました。ご質問・ご意見への回答につきまして「FAQ3」にまとめがございますのご参照くださいこちら

Relation関連ニュース

Archivesニュース・アーカイブ

過去のニュース

  • 2021
  • 2020