最前線ニュース

2020.12.23 勉強法・活用法

12月イベントの報告

12月20日(日)に、LIVE講義「力学5,6+座談会」を開催しました。

通常のLIVE講義は、日曜朝や平日夜に、90分~120分を1コマで開催しますが、イベントは10:00~16:00に「2コマ+座談会」の開催となります(参加者専用ページに収録した動画を公開しております)。
次回のイベントは、1/24開催です。【こちら】


座談会では、毎回ゲストをお招きし、一級建築士試験に関する様々な話題を参加頂いた皆様と共有します。刺激を受ける事、間違いなしです。
「11月・12月・1月」は、令和2年度 学科試験に合格された受験生にお越し頂き、主に、学習スタートから合格するまでの準備・実践について、インタビュー形式で進行します。

■ 第2回のゲストは「やまなみさん」をお招きしました。
談話の中から「1~2巡目の攻め方・コスパ勉強法」を一部紹介いたします(Youtube動画 3分24秒)

このイベントには、資格試験対策の枠組を超えて、毎回、大きな「学び」があるとつくづく思います。「ある受験生や合格者の発信が、他の受験生の気づきに繋がる」これは、合格ロケットの前身「合格物語」から継続している活動の方針でもあります。独学だろうが通学だろうが、戦うのは本人。受験は孤独です。しかし、アンテナを向ける意思があれば「戦うヒント」や「心を強くするメッセージ」を届けてくれる人が居るはずです。合格ロケットは、今後もそういう場を創ってまいります。

開催後のアンケートの一部を紹介します。ご参加の感想を共有し、今後の学習・講義のご参加に繋げて頂ければ幸いです。


■ 平日の学習の時間帯を教えてください
1.朝【22%】
2.夜【48%】
3.隙間時間(週末にまとめて)【17%】
4.本格スタートはこれから【13%】


■座談会の感想をお知らせください

・自分の学習をコスパで考える、数字で管理するということはどういうことか初めて知ったきがして、「こんなに勉強の作戦というのが違うのか」と思いました。だからと言って今の自分にどのように活かせばいいか、まだ分からないでいますが・・・。とりあえず毎日の目標数を目指しながら、マネすることからやってみます。イベントをliveで聞いたのは今回が初だったので「座談会って聞く必要あるのかな?」と思ってましたが、かなりためになりました。初めて勉強する項目について、本やテキストなど文字や数字を見ながら勉強していこうとすると、どうしようもなく読むのが遅く、進みが悪くなってしまいます。何度同じ文章を読んでも理解できないので、何回もゆっくり読むからだと思います。なので、オンライン講義や動画・音声で最初はなるべく聞くようにしています。

仕分け作業は私もやってたのですが、受かった方もされてたのを聞いてとても安心しました。「これで大丈夫なのか」という不安な気持ちもあったので!

記録をつけることが今の自分の立ち位置を知る方法だと思いました。

・やまなみさんのように細かい進捗分析は、到底出来ないですが、合格者の生の声が聞けて刺激になりました。Q&Aの「眠くなったら氷」をやってみます。

時間を無駄にかけていることに気づかされました。私の勉強方法の何がダメなのか、何が不足しているのか等々、気づきがいっぱいの講義でした。

モチベーションの維持及び、合格者のやってきたことを参考に生かしたい。引き続き、座談会の企画をお願いします。

・学習予定や習得内容の詳細な記録が大切なのが解りました。ですが記録するだけに一生懸命になりがちな自分の性格も知っているので、この点に気を付けながら自分の位置を常に把握できる合格への最短マップを作って行こうと思いました

・自己管理ができた年が合格の年だったので、自分にうまくフィットする形におさまるように模索したいと思います。

・とてもヒシヒシと、しっかり無駄なく学習している感が伝わってきました。自分はまだまだと自覚しました。頑張ります。

・管理・自己分析が重要なことはわかっていたが、やまなみさんのやり方には驚きました。彼女のエクセル参考にして、自己流のエクセルを作成中です。

 
・データ分析の素晴らしさに圧倒され、最初は「すごい」しか感想が出てこなかったのですが、話を聞いているうちに、「4ヶ月しかないから、この方法だったんだ」と気づきました。日々の進捗をデータ化することで、機械的に弱い部分を炙り出して、その結果を元に復習して繰り返す。ここには、迷うことも、悩むこともなく、問題とただ向き合うことに専念されたんだと思いました。「勉強時間がないデメリットをメリットに変えた」その時の対応力なんだと、つくづく思い知らされました。前回の座談会とは違った視点での気づきをもらえました。貴重なお時間ありがとうございました。
  

この他にも沢山の回答を頂きました。皆様、ありがとうございました。ご質問・ご意見への回答につきまして「FAQ3」にまとめがございますのご参照くださいこちら

Relation関連ニュース

Archivesニュース・アーカイブ

過去のニュース

  • 2021
  • 2020