最前線ニュース

2021.02.12 勉強法・活用法

法令のイメージトレーニング

法規科目の得意分野化は,土地勘(とちかん)を身に着けることに似ています.例えば渋谷駅の構内図(立体マップ)を見てみましょう.【こちら】
土地勘の無い人が,この「立体ダンジョン」を見ても何が何だかわかりません.そこで最初は,サインや案内を頼りに歩き回ってみることで,場所どうしの繋がりが何となく分かるようになり,やがてサインや案内を見なくても,「銀座線に乗り換えるには,この階段上がると早い」とか「センター街の方に行くにはこっちが近道」といった土地勘が芽生えます.
この場合も,マップ情報が全て頭に入っているわけではありません.いくつかの要所を起点に「全体の構成から部分をイメージ」しているのです.構成がわかってくると,紐づく情報が多くても処理できるし,初めて通る道でも推理でおおよそ歩けます.
 
法令集の理解も,この話に似ています.
 
膨大な情報量のある法令集を丸暗記することは出来ません.法1条から順番に読んでいけば理解できる,というようなシロモノでもありません.各条文が複雑に絡み合いながら全体構成されているからです.
 
「文節」「条文の並び」「関係性」等を理解すると,法令を俯瞰したりクローズアップしたり,立体的なイメージ頭の中の法令集が出来るようになります.それに伴って,法令集を引く回数も減ります.本試験の出題者は「法令の構成」を熟知しています.条文どうしの関連性や類似性,他の条文のぶら下がり方など,そういう点を受験生に問い掛けてきます(受験生が迷ったり,スルーするポイントもよく知っています).まずは「構成を意識すること」から始めましょう.
 
2/10(水) オンライン講義「法規2」の最後に「法令のイメージトレーニング」を共有しました.継続して実施しようと思いますので,ロケットユーザーの方は,是非LIVEでご参加ください.

(VIMEO動画 約3分30秒) ※本編の動画(全4本)は,オンライン講義ページ「法規2」の「サンプル」で公開しています.

合格ロケットのLIVE講義は「学習のヒント・気づき」の提供を意識しています。
1から積み上げを意とした「授業」ではありません。どの回からも、ご参加頂けます。
予習は必要に応じて各自で行ってください。講義で講師の解説と照らし合わせる事で、より理解が深まります。一方、予習を完璧にしようとすると、それだけで億劫になりがちです。その場で100%理解できなくて構いません。講義自体が予習と考えても良いのです。ただし、復習にエネルギーを注ぐという事はマストです。これが疎かになってしまっては意味がありません。

開催後のアンケートの一部を紹介します。講義の内容だけではなく,受験生の皆さんの動向を共有するツールとしても活用したいと考えていますので、是非、ご協力ください。


書籍「法規のウラ指導」はお持ちですか?
1.持っている【77%】
2.持っていない【23%】

ウェビナーの登録はどのタイミングで行いましたか??
1.事前登録していた【62%】
2.LIVE講義に参加する直前にオンライン講義のページで登録した【38%】

■ご参加頂いた感想を紹介します。

法規との向き合い方の視点ががらっと変わりました。法規の勉強において少し希望が持てました。ありがとうございました!
 
・法規に限らずですが、今まで「○か×か」だけで解いていて、知識を体系化する意識が低かったと実感しました。今回やった問題もロケットで解いているときには理解していると思っていましたが、理解したつもりだったと感じたので、これからは意識を高めてとりくみたいです。
 
・最後のイメージトレーニングで、もし会場で指名されていたら答えられなかったと思う部分が多く、理解できてない所が明確になり復習内容が分かりました
 
・今は1問1答で学習していますが4枝になったときに法令集を引く優先順位があることや優先すべきポイントについて気付いていなかった点がありとても参考になりました。ありがとうございました。
 
・確認申請の一~四号は暗記するべし、ということがよく伝わってきました。問題文で何を問われているか、を意識するスイッチが入った気がします
 
どこにフォーカスするのか、数字に飛びかからず、とりあえず、全体把握をして、まず、用途を確認。わかりやすいものにわかった気で、飛び付かない!先生の講義はやっぱりわかりやすいので好きです。ぶつぶつ独り言言いながら、問題に向き合ってます!
 
・ありがとうございました。一つの問題の中に整理すべきポイントがいくつも隠れていることに気が付きました。独学ではなかなか、そこまで考えが及ばない。講義を通じて初めて気づくことが出来たと思います。
 
・1問1答ではもてなかった数字と条文のイメージをもつことが新鮮で、定着させようと練習しています
 
自分だけで学習していると、過去問題の解答には問題なくても、解釈を間違えていることに気付きました
 
・最後の法のイメトレは頭の中を整理することができました。法規はまだまだ始めたばかりなので、ついて行くのに必死ですが、何条になにがあるのかっていうのは、勉強していくうちに覚えていくのか、、、不安しかないですが、ひたすらに法令集を引きます。
 
・講義ありがとうございました。日頃慣れている科目ほど気をつけないと取りこぼしますね。申請の問題を復習してみたら、条文の理解度が低い問題もあり、超反省しています。でも、頭に入ってきているので法規が苦ではなくなってきました。
 
・法令集に「ないものを探す」ことが少なくなるよう出来るものは暗記しようと思いました。また、知っていれば省けるひと手間(法→令)の確認を原則を理解することで少しでも減らせるようにしたいと思いました。いろいろなところで沢山講義を受けていますが、先生の説明が一番理解しやすくて、答えにたどり着くまでの思考が明確で聞いててなるほどと思うことばかりです(講義後に再現しやすいです)。毎回無駄がなくてとても有意義だと思いました。あと、講義開始時の明るい挨拶ですごくやる気が出ます。ありがとうございます。
 
・初めて受験した年はちんぷんかんぷんでしたが、その後継続して学習することで知識の積み重ねにより学習成果が蓄積し、成長を実感できています。引き続き、法規は脳内マップを作るイメージで、構成を覚えていこうと思います。
 
・以前は資格学校に通っていましたがDVD講義には馴染めず抵抗があったのですが、合格ロケットさんの講師の方々の話の進め方や過去問への向き合い方や解き方など目からウロコものが多く唸りながら拝見しています。僕としては本試験で4択の中から導き出すその方法など、実戦的で親切に説明をしていただき、とても印象深く残っています。ありがとうございます。講師の方たちの画面を通して熱意が伝わりこちらも、やってやる!!と気持ちも強く入ります。これからも宜しくお願いします。
 
・法規科目に苦手意識があったのですが、フォーカスポイントを講義でお聞きしてから問題を解く、法文を読む、と勉強しています。そうすると、試験元が法規のどの部分を理解しておいて欲しいと望んでいるのか、一級建築士に求めていることがわかるようになった気がします。いきなり線引きとか法令集を読解するのは、ほんとに難しいとおもうので、ウェビナーの講義がとても助かってます。先生、画面の向こうには「へー。そうなってるのか‥ヒントいただいたー」って思ってるロケット生が沢山いるはずです。孤独じゃないです(笑)がんばってください!!
 
・法規の勉強法について模索していたが、法規は構成を覚えるというアドバイスにより理解が進んだと思う。条文番号とそこに書かれている内容を把握しておくことで、法令集が格段に読みやすくなった
 
・講義内でもおっしゃっていた実務での経験で回答してしまう経験が多々あり本当に注意しようと思いました
 
・1度聞いただけでは理解できないところも、動画で2度聞くことによって理解できるのでとても役立っています
 
構成を頭に入れるというのは二級建築士の試験の時にしてこなかった手法です。地図を頭に入れて探る。そのための少なめのアンダーラインなのか、今までの勉強との擦り合わせに頑張ります。
 
・法6条は暗記部分と知らず法令集を引くのに時間を割いていたので大変参考になりました
  
・講義を聞きながら、条文の読み方や、法→令→省の流れで法令集を読む感覚がようやく掴めてきました。まだまだ訓練は必要ですが、たとえ小さくても「できた」と思えたら、自信に繋がります。今はこの小さな自信の積み重ねを本番までたくさん増やしていきたいです。法規のイメトレも大好きなので、次回も楽しみにしています。よろしくお願いします!!

 
・法規のみならず、他の科目でも応用できる勉強法を教えてもらえてありがたいです。
  
自分の弱い部分、解き方の手順等受けてみて気づくことがありとても参考になりました

 


この他にも沢山の回答を頂きました。皆様、ありがとうございました。ご質問・ご意見への回答につきまして「FAQ3」にまとめがございますのご参照くださいこちら

Relation関連ニュース

Archivesニュース・アーカイブ

過去のニュース

  • 2021
  • 2020