最前線ニュース

2020.09.10 勉強法・活用法

合否を大きく左右する「とりこぼし」とは?

■【合否を大きく左右する「とりこぼし」とは?】
 
試験は毎年,難易度が異なります.比較的容易な設定だとしても,迷ってしまう問題が多くあります.しかし,実際に一番大きく影響を与えるのがケアレスミス等の「とりこぼし」です.
 
過去問であろうと新問であろうと,本試験で「正答率60%以上の問題」というのは,難易度の低い(易しい)分類だと考えられます.難易度の高い(難しい)問題で失点しても,他の受験生も多くが失点するので差はつきませんが,難易度の低い問題での失点(=とりこぼし)が増えてくると,その影響は大きくなります.
 
令和2年の本試験において,難易度の低い問題で何点くらい失点しまったのかどんな失点の仕方だったのか問題を解く時に何を考えて判断したのか,を早い段階で確認しておきましょう.
 
教育的ウラ指導のブログから,「正答率」と「とりこぼし」が一目でわかるプログラム「とりこぼしチェッカー(エクセルファイル)」をダウンロードできます.
ある程度の知識量や理解度はあるのに不合格だった,という受験生ほど「とりこぼしの多さにビックリされることでしょう.

ダウンロードはこちら


難易度の低い問題で失点が増えると,その分,
難易度の高い問題で得点を稼ぐしかありません.
 
つまり, 
難易度の低い問題で失点を減らす事と,
難易度の高い問題で得点を伸ばすは,
同じ価値があります.
 
ところが!
多くの受験生は得点を伸ばすために猛勉強しますが,
失点を減らすための対策を本気で考えようとしません.


来年の試験に向けて本格的に勉強を始める前に,まずはとりこぼしの原因を調べることです.試験には,知識量や理解度以外での得失点の要因がいくつかあり,同じ失点でも,理由は個々に違います.
 
そこでの「気づき」と、その「対策」が,来年の試験結果を大きく左右することでしょう.

Archivesニュース・アーカイブ

過去のニュース

  • 2020