最前線ニュース

2021.11.11 事務連絡

音声教材の効果的な活用法

■【音声教材の効果的な活用法】

まずは,合格ロケットの音声学習を体感してみてください.音声学習の再生スピードは「1.3倍速」,「2.0倍速」,「2.8倍速」の3種類から選ぶことができますが,まずは2.0倍速(推奨)から.

はじめに,次の文章を流し読みしてみてください.


P_01_001
【温熱感覚】とは,人が感じる暑さ・寒さの感覚をいう.


P_01_002
【温熱4要素】とは,温度,湿度,風速,周壁の輻射をいう.


P_01_003
【輻射】とは,空間を挟んで互いに離れている2つの物質間において,熱が空間を通過することをいう.


次に,この文章を読みながら,音声データ2.0倍速(推奨)の3件を続けて聞いてください.

【こちらをクリックすると,音声が流れます】 .

(「新しいウィンドウで開く」を選択すると,このページを読みながら音声を聞く事ができます)

■ 2.0倍速を推奨する理由

いかがでしょうか.音だけ聞くと速く感じますが,文章を読みながら聞いてみると,意外と聞き取れるものです.さらに内容が頭の中に入っていると,音声と呼応して知識をイメージできるようになっていきます.
 
つまり,音声データ2.0倍速(推奨)は,読む速さとマッチして,集中力を高め,脳内を活性化するのに適したスピードであり,強力な暗記ツールとして効果を発揮します.「通勤電車の中で,スマホを使って,文章を表示しながら音声学習したことが,勉強の効率化に繋がった」というご報告を頂きますように,机に向かう時間が取れない受験生には,隙間学習として最適なコンテンツと言えます.


【ユーザーの方へ】
Webアプリに「ログイン」し,メインメニュー「その他」「ダウンロード」から「音声教材」を選択してください.データはmp3形式で再生・ダウンロード可能です(一括ファイルは圧縮されていますのでパソコンにダウンロードの上、展開(解凍)してからファイルを端末にコピーしてご利用ください).
 
 

まずは「2.0倍速(推奨)」をしばらく聴いてみましょう.「1.3倍速」でも構いませんが,この教材の目的は,1語1語キチンと聞いて覚える事ではなく,読み上げた内容を頭にイメージする習慣をつくる事にあります.文章から「イメージを立ち上げ,繋げる」ことは,文字情報だけで暗記・理解する事とは別次元の捉え方・思考法になります(脳内を活性化する意識).これに慣れると高速復習が可能となり,試験直前に「2.8倍速」を聞いた時にイメージが立ち上がるようになると,驚異的なスピードで総復習できます.

 

Archivesニュース・アーカイブ

過去のニュース

  • 2022
  • 2021
  • 2020