最前線ニュース

2022.07.29 勉強法・活用法

ユーザーアンケートで頂いた声_その1

■【ユーザーアンケートで頂いた声_その1】
合格ロケット2022ユーザーの皆様にご協力いただき,アンケート(4つの質問)を実施しました.その内,今後の学科受験生に役立つ内容を,いくつか紹介いたします.
 
質問1.合格ロケットで、試験対策として特に役立った(よく利用した)アプリ機能を教えてください
 
理解度(理解進捗度), 学習履歴(カレンダー), 検索 : ×問

質問2.合格ロケットで、試験対策として特に役立った(よく利用した)コンテンツを教えてください
 
オンライン講義(LIVE), 動画ライブラリー, 音声教材, 電子ブック(印刷物教材), 最前線ニュース, インプットのコツ
 
質問3.合格ロケットで試験勉強・対策を行った感想を教えてください.
 
一級建築士試験、初挑戦でしたが、自分で計画を立て、アジャイルで微調整しながら進められたので、自分には合っていたと思います。 学習の最初、全く意味が分からず理解できずつらかったが、図に書き起こしたり、ワードを壁に貼って世界観を構築したり、じっと問題とただ向き合う時間が今思うと「自分なりの理解・ストーリー」を構築することとなり、結果として試験で戦えた気がします。 合格ロケットはその挑戦の物差しともなり、羅針盤になり、自分で航海を進めるには最適のツールだったと改めて思います。ありがとうございました。
 
質問4.今年の学科試験を受験してみて,アナタにとって最適な勉強方法とはどんな内容だと思いましたか?
 
人によって最適な学習法は違うと思いますが、原則ロケットでご提案されているとおりと思います。
●絶対的な学習時間は必要(私は試験の2日前になんとか800時間を達成しました)
●原則、過去問を征服する
●アウトプットのクセをつける
●学習計画を自分で立てる、記録を残す
どうしても、途中で飽きてしまったり、息抜きをしたいときはオリジナルの年表やオリジナルの構造計算関係整理表を作成し、「自分ならこういう軸で整理する」と、まったく知識のない妻にプレゼンテーションしていたりしました。 おそらく、一般的には非効率で無駄といわれることかもしれませんが、応用力を養う上で、そういった「制作」をする作業は自分にとっては無駄ではなかった気がします。

 

      【次へ】